キャッシングやカードローンとは異なる資金調達の方法とは?

お金を工面をすることは容易ではありません

 

 

今すぐお金が必要になってしまった!

どうしよう?


そんなピンチを迎えることは少なくないでしょう。

 

銀行などの金融機関に蓄えがある方であれば、特に問題ありませんが必ずしもそうではありません。

 

家族や友人に頼めば、何とかなるでしょうか?

 

なかなかお金の相談ができる人間が身の回りにいる方というのは少ないものです。

 

そのため大半の方が緊急時の金策方法として利用しているのが「キャッシングや借り入れ」といったお金を借りる方法となります。

通常の金策方法といえば『お金を借りる』

急にお金が必要になったからお金を借りる。

 

もっともシンプルな資金調達の方法といえるでしょう。

  1. クレジットカードのキャッシング
  2. 銀行カードローン
  3. 消費者金融の融資

金融機関や貸金業者といったお金を借りる方法で資金調達をしています。

 

ただ、お金を借りることは誰もができるわけではありません。

 

なぜならキャッシングや融資などお金の借り入れには「審査」が必要となり

  • 未成年の方
  • 無職や安定した収入のない方
  • 過去に返済の遅延や未払いのある方

といった方は審査を通過することは困難でありお金を借りることはできません。

 

 

ではお金を借りることができない方はどのような金策の方法があるのでしょうか?


給料をファクタリングによって現金化できる新しいカタチのサービス

給料ファクタリングの七福神

毎月の給料の買取となるファクタリングの仕組み

社会で生活するほとんどの方は仕事をしてお金を稼ぎ、食費や光熱費といった支払いをしているのではないでしょうか?

 

つまり会社員やアルバイト、パートの方でも毎月、給料が支給されています。

 

この「給料」を現金化することによって早期に資金調達できるサービスがあるのです。

 

 

月々の給料を現金化できるの?

つまり給料ファクタリングならお金を借りるのことに抵抗のある方や審査に通るのが難しい方でもお金を手に入れることができる新しいカタチの金融サービスなのです。

 

では簡単に給料ファクタリングでの現金化サービスについて説明します。

お金を借りない給料ファクタリングのメリット

借金ではない現金調達方法となる給料ファクタリングですが実は多くのメリットがあるのです。

給料ファクタリングの優れた特徴
  1. ブラックリストでも資金調達が可能
  2. お金を借りないため返済の心配なし
  3. パートやアルバイトでも収入があればOK
  4. 信用情報機関にも記録が残らない
  5. 最短30分でのスピード入金も可能
  6. 融資ではないので担保や利息は不要
  7. 会社に知られずに現金化可能

特にクレジットカードを持っていない方や借り入れの審査が困難な方には数少ない金策の方法といえるでしょう。

 

給料ファクタリングはお金を借りることなく給料を事前に現金化できる方法ですので、通常の借り入れのような厳しい審査や担保は必要ありません。

 

ではこの給料ファクタリングを利用する際のデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

給料を現金化する際のデメリット

 

給料ファクタリングで現金化するデメリット
  1. 給料の範囲内の金額しか現金化できない
  2. 融資ではないため分割やリボ払いはできない
  3. ボーナスのファクタリングは対象外
  4. 年金や失業保険の買取はできない
  5. ファクタリング手数料が発生する

このように通常の借り入れとは異なっている点の多くがデメリットとして挙げられますが、実際には毎月の給料の買取となりますので幅広いニーズに応えることができることは間違いありません。

そもそも『ファクタリング』とはどんなサービス?

ファクタリングというサービスとは?

一般個人の方にとって「ファクタリング」という言葉を聞きなれない方も多いのではないでしょうか?

 

このファクタリングは本来、個人ではなく企業や事業主の方による資金調達するための方法となります。

 

企業間の契約においては、現金での支払いよりも「売掛金」という形で納入日の翌月、2ヵ月後の入金となるのが一般的です。

 

ファクタリングはこの売掛金を買い取ることによって早期に現金化することができる事業者向けの資金調達方法となります。

 

したがって企業による現金調達となる

  • 手形割引
  • ビジネスローン
  • 銀行融資

に加わる資金繰りの方法としてファクタリングは活用されているのです。

ファクタリング初心者ガイド

ファクタリング初心者ガイド


事業資金を調達するためにイザという時に役立つファクタリング初心者ガイド
売掛金の早期現金化による企業の新しい金融サービス「ファクタリング」を初めての方にもわかりやすく解説。

 

給料ファクタリングの方法や仕組みとは?

給料ファクタリング仕組みや方法

法人や個人事業主ではない一般個人でもできる給料のファクタリングですが、どのような仕組みや方法で現金化されるのでしょうか?

 

普通に会社に勤めている会社員やアルバイトの方には基本的に売掛金はありません。

 

そのためファクタリングには縁がないようにも感じられますが、毎月の給料という債権をファクタリングによって現金化できるのです。

 

この給料ファクタリングというサービスは給料をもらう権利に買い取りとなります。

 

簡単にいいますと「給料の前借り」に近いサービスですが、会社を経由しないため会社に知られることなく給料を現金化できるのです。

給料ファクタリングによる資金調達の手順

給料ファクタリングの手順を解説

では給料ファクタリングはどのような手順で現金化されるのかその流れをみていきましょう。

@公式サイトの申し込みフォーム入力

給料のファクタリングをするためにはまず最初に申し込みフォームを入力します。

給料ファクタリング申し込み

氏名や生年月日、住所といった基本的な情報の入力します。

 

当然ながら個人情報の管理は万全のセキュリティとなっておりますので情報漏えいの心配はありません。

A電話にて10分程度の受付

電話での受付

申し込みフォームを入力し送信しましたら担当オペレーターより電話にて

  • 申し込み後の流れの説明
  • 必要書類のご案内
  • 借り入れ状況や勤務先の確認

といった確認事項や簡単な説明があります。

B必要書類をメールまたはFAXにて送信

必要書類となる給料の確認できる通帳

受付が完了しましたらファクタリングする際に必要となる書類を提出します。

給料ファクタリングの必要書類
  1. 顔写真付の身分証明書(運転免許証、住基カード等)
  2. 健康保険証
  3. 直近3ヶ月分の給料明細、またはお給料が振込みされている通帳のページ

給料が通帳のないネットバンキングに振込されている場合、入出金明細のスクリーンショットでも可能となります。

Cご契約後に買取代金の入金

ファクタリング契約

確認書類に不備等なければ給料債権の売買契約となります。

 

給料ファクタリングの契約はメールでの契約書の送付となりますので、日本全国どこからでも来店不要で手続きすることが可能です。

 

売買契約が完了しましたら買取代金が指定の金融機関の口座に入金されます。

『七福神』に申し込んでみる

2019年現在、この給料ファクタリングを取り扱っているのは「七福神」だけしかありません。

  • 給料日まで生活費が足らない方
  • ブラックでお金が借りることができない方
  • お金を借りずに金策したい方
  • 給料ファクタリングに興味のある方

 

このようなニーズをお持ちの方はぜひ一度、七福神をご利用いただければと思います。

 

給料ファクタリングの申し込み

 

What’s New